美容整形手術のリスク – あなたが知っておくべき事

   

ほとんどの場合、美容整形手術は、外科手術としては、かなり低いリスクであり、副作用や合併症のリスクはほとんどないと言えます。しかし、そうは言っても、どんな低リスクな手術であるといっても、絶対に安全だとは言いきれません。美容整形で利用される選択的な手術もその例外ではありえません。

 

美容整形外科医が原因のリスク

外科医の経験や資格の欠如

美容外科医は熟練した医療専門家であり、さまざまな方法で患者を治療するために、高度な訓練を受けています。それら高度な訓練で達成されるべきレベルの手術やケアが、適切な方法で行われない場合、または美容外科医が手術を行うための資格を有していないという場合、いわゆる医療過誤や事故が発生している可能性があります。

 

資格や経歴の開示

美容外科医は多くの法的義務があり、劣悪な手術や無資格の医師から患者を守るように行動しなければなりません。美容整形外科医が患者に手術や治療などの医療サービスを提供するときは、患者に対して、正確かつ安全に医療行為を実施するために必要かつ適切なレベルの教育、訓練、および技能を有していることを開示しなければなりません。

 

手術リスクの開示

これらの外科医はまた、任意のタイプの手術を行う前に、すべてのパターンのすべての潜在的なリスクを患者に知らせる法的義務を負っています。これらの情報は、患者が要求しない場合でも、患者のことを考えるならば提供する必要があるでしょう。

 

美容整形外科医が原因のリスクを回避するために

外科医が持っていなければならない多くのスキルと知識があります。特定の手順を実行するために十分に訓練されていない医師では、患者の合併症のリスクが高くなります。この種のリスクや合併症を避けるためには、正確な手技を習得した外科医のみを使用するのが最善です。たくさんの質問をして、いくつかの異なる外科医と会い、意見を求めてください。

 

 

美容整形手術中や術後のリスク

手術の侵襲的リスク

あらゆるタイプの美容外科手術は侵襲的(切開などで体に傷を付ける)であるため、感染、麻酔反応、呼吸器合併症、投薬反応、血栓、さらには死亡のリスクが常に存在します。他のリスクについては、実施される手術のタイプや執刀医の手技のスキルにも関連して来ます。

 

豊胸手術の例

手術のタイプ別のリスクについては、例えば、豊胸手術の場合は、被膜(カプセル)拘縮という、この手術に特有のリスクがありますが、これは、胸に挿入した人口の豊胸バッグの回りに膜状の組織が形成され、硬くなってプロテーゼ(豊胸バッグ)に圧迫を与えたり、乳房に痛みや変形を引き起こすことを指し、再手術を余儀なくされる可能性があることを意味します。

 

複数の手術のリスク

複数の手術や長時間の手術の組み合わせが招くリスクもあります。どうしても複数の手術を同じ機会に行わなければならないという医師の事情や一度に全てを済ませてしまいたいという患者の気持ちなど、リスク要因は様々です。手術や手術の延長を受けると合併症のリスクが高くなります。これらのリスクについては、医師に同意する前に詳細に検討する必要があります。

 

患者が原因のリスク

美容整形外科特有の合併症の可能性が高まるような要因も多く見られるようです。これらの要因はというと、

患者の側からのあまりにも非現実的な手術への期待

美容整形手術は多くの場合、すばらしい成果を生みますが、出来ることには、やはり、限度があるのです。患者が手術前に患者の期待を適切に伝えることは非常に重要であるのですが、それ以上に、リスクが高まるような無理な手術を避けるために、外科医は、真に可能なことについて、正直であるべきなのです。

 

手術前に感情的または肉体的に不健康な状態であること

美容整形手術は多くの場合、すばらしい成果を生みますが、出来ることには、やはり、限度があるのです。患者が手術前に患者の期待を適切に伝えることは非常に重要であるのですが、それ以上に、リスクが高まるような無理な手術を避けるために、外科医は、真に可能なことについて、正直であるべきなのです。

 

手術を受けたい理由を自分自身で確信していること

何か別の目的を達成するためであったり、または、他の誰かのために手術を受けるようなことでは無いことが、必要です。外科医はまた、手術前に徹底的な検査を行う必要がありますし、また、過去の病歴や現在の健康状態について、患者と話し合う必要もあります。

 

 

 - 美容外科手術のリスク ,