顔の美容整形 – 最も要求される種類の手術とは?

   

侵襲的な美容整形

切開をともなう顔への整形手術には、スレッドフェイスリフトや二重整形、あごへのプロテーゼの埋め込み、エラを削って顔の輪郭を補足するなどの手法があります。できるだけ傷を小さくして自然な仕上がりにするために、美容外科医の技術が試されます。

プロテーゼ

あなたが、顔の形に満足していない場合は、顔へのプロテーゼ(インプラント)の挿入を選ぶことができます。シリコンプロテーゼによる形成手術なら、頬、顎、アゴの先端部分を含む、顔のあらゆる領域をカバーできます。プロテーゼ(インプラント)は、再建外科手術にも使用されます。プロテーゼを挿入することで、顔の特定部分をより目立たせること、または均一でない部分のバランスをとることを目指します。

顔へのプロテーゼの挿入後、あなたの顔は輪郭がよりタイトでより明確になり、より対称的な外観になります。専門家によると、左右のバランスのとれた顔に対しては、一般的により魅力的であると感じられるとのことです。

鼻形成術または鼻の整形

鼻は、顔の中心に位置しているので、人目を引いたり、顔の印象を決定づけたりする傾向があります。あなたが、こうなりたいという鼻の形があるなら、美容整形外科へ行って、鼻形成術を受けましょう。

あなたは、もしかしたら、大きすぎる鼻に不満なのかもしれません。鼻の整形をすれば、鼻の形だけでなく、顔の外観や印象を全体的に変更することが出来るのです。それまでは、引き目を感じていたとしても、鼻形成手術によって鼻をリシェイプすれば、人と会ったり付き合ったりするときはいつでも、自尊心を感じることができるようになるでしょう。

美容整形外科手術には、鼻を美容的に変える様々な方法があります。美容整形の外科医は、長い鼻を短くし、広い鼻を狭くし、だんご鼻を平らにし、大きな鼻孔を小さくするなど、色々な患者の要求に答えることができます。様々な異なる技術によって、外科医は美しい、そして、自然に見えるような結果をもたらすことができます。

どのような形の鼻であっても、美容外科医は、あなたの顔に合わせて、自然に見えるように最善を尽くします。

 

非外科的(非侵襲的)方法

様々なタイプの美容整形法の中で、メスを使わない美容整形方法は、術後の痛みと回復期間をできるだけ少なくすることができます。さらに、施術成果(外観の変化)の継続性は、切開を伴う手術と比べると短いですが、とにかく手術費用が安価であることは確かです。

メスを使わない美容整形方法の一例をあげれば、純粋な酸素を美容液とともに皮膚に吹き込まれる(導入される)、酸素フェイシャル療法があります。

メスを使わない美容整形で、手術的な方法といえば、ボトックスのような皮膚充填剤の注入、ケミカルピーリングコラーゲンおよびヒアルロン酸(レスチレン)注射、レーザーを使った皮膚表面のあざやシミ取り、およびマイクロ・クリスタルピーリングによる肌の表面や毛穴の汚れ、角質の除去などがあります。

一般的には、脂肪吸引はメスを使わない美容整形方法であると考えられているが、実際には軽微な外科手術であると言えます。ほとんどのメスを使わない美容整形方法は、外観を短期間に改善することを目的としています。

例えば、ボトックス注射はシワを減らすのに役立ちます。また、コラーゲン注射は、唇のような部分にボリュームを加えるためにも使用されます。コラーゲンは、唇に注入されると、唇をもともとの大きさに戻し、ふっくらとさせたりします。

レーザーを使用した皮膚の美容整形やマイクロ・クリスタルピーリング(ピーリング)は、皮膚の変色や色素沈着を減少させて、肌の透明感を取り戻すことを目的とします。にきび傷日焼けあとシミそばかすなどの治療のために利用することもできます。

外見を改善したいが、メスは使いたくないとか、予算がないという場合は、老化の徴候を遅らせ、見た目を若く維持するのに効果的な、非外科的な処置を選択してみてはどうでしょうか。

 

 

 - 美容整形手術の種類, 非外科的美容整形, 鼻の整形 , , , , , , , , , , ,