まぶたの美容外科手術 – 外観と視力を改善する技法

   

眼瞼形成術とも呼ばれるまぶた整形手術は、上眼部(まぶたなど)および下眼部から過剰の皮膚および脂肪組織を除去することを含む美容整形です。眼瞼形成術は外見の印象を向上させるだけでなく、視力を改善することさえできます。このシンプルでありながら驚くほど美容的な治療法の詳細についてこれからみていきましょう。

あなたの外見を向上させる

眼瞼形成手術は、目と顔の外観を改善するための効果的な方法です。自然な老化プロセスでは、皮膚の弾力性と厚みが失われ、たるみや垂れが生じます。目の下のたるみは下瞼の領域に形成され、上瞼はまつ毛にぶら下がるようになってきますが、次第にキュウリや高価なアイクリームでは矯正できない状況になってきます。

まぶたの整形手術は、目の領域の皮膚を持ち上げてたり締め付けたり、あるいは、たるみや弛緩して深い折り目になったような部分を除去することによって、より若い外観をもたらすことができます。このタイプの整形手術を受けた患者は、手術後、まるで十分な休息をとった時のように、目が覚めている印象になったとか、若く見えるようになったと言うことが多いようです。

アジア系のまぶたの美容整形

アジア系の患者は、年齢が高くなると、特に上瞼がまつ毛の上に垂れ下がるケースが多いのですが、彼ら彼女らは、目の美容整形をする場合、眼瞼形成手術による上瞼の矯正を選択することが多いのです。そのケースの手術の結果、より大きな目の開口部が形成され、見た目の印象が改善されると同時に視野も改善されることになります。

あなたの視力を改善する

眼瞼形成手術は、通常の眼科では、視力障害の治療法として行われます。患者の上まぶたが、まつ毛の上に垂れ下がり、一部は眼の上にも掛かることで、視界が損なわれ、その結果、視力さえ損なわれることにもつながります。手術によって、目の上にかかっている上まぶたのたるんだ部分を取り除くと、視界を遮る障害物がなくなって、目の開きが大きくなり、見るためにより良い環境を作り出すことが出来るのです。

眼瞼形成手術による切開

この眼瞼形成手術による切開部位は、他人に気付かれることが少ないのです。上蓋の切開部は上まぶたの襞に、また、下瞼を切除する場合は、傷は下まぶた上端の一線上に重ねられて隠されます。さらに、手術のわずか数週間後には傷跡は、知覚できないほどに小さくなりますので、一見して気づかれるという心配はありません。

まぶたの整形手術は、手術としては、単純なプロセスであり、場合によっては局所麻酔のみを用いて行うこともできるものです。ダウンタイム(回復期間)は数日から1週間です。患部やその周囲の変色は数週間続くかもしれませんが、その間は、化粧で容易に偽装することができます。

まぶたの美容整形に向いているのは?

一般的に健康な人であって、まぶたや皮膚のたるみを整形したいという人は、眼瞼形成手術による外観の改善を選択して良いタイプと考えられます。また過去に、手術などにおいて、麻酔の合併症を経験していない人も、この眼瞼形成手術の検討を奨励できるでしょう。

眼瞼整形手術の詳細については、美容整形外科医と相談してください。

時間が経つと誰もが目が悪くなりますが、眼瞼の美容整形手術は視力を改善するのにも役立ちます。この手術により、見た目の印象を向上させ、同時に視力を改善することができます。

 

 

 - 目の美容整形 ,