まぶたの美容外科手術の事実

   

ほとんどの人が、美容整形というと、脂肪吸引や豊胸手術などが、最初に心に浮かぶのではないでしょうか?しかし、美容整形を行った多くの人々が選択しているのは、目の整形なのです。

目といえば、顔ですが、外見の若さを取り戻すためといって、顔全体を修正する美容整形手術を受けるのは、負担がかなり大きくなります。しかし、目の美容整形のみによっても、より若々しい外観を与えることは可能なのです。

外見の印象において目の役割はとても重要です。なので、まずは、目の周囲の美容整形、例えば、まぶたの手術方法について理解することから始めると良いでしょう。そうすれば、あなたが希望するような、若々しい顔になるために必要な美容整形法が、どんなものであるのかを素早く判断できるようになると思います。

まぶたの美容整形手術の成果

年を取るにつれて、重力の絶え間ない引っ張りと日常生活のストレスとの組み合わせによって、目のまわりの皮膚は、次第に柔軟性と厚みを失っていき、全体的にあるいは部分的に落ちて垂れていきます。目の周りのラインで、まぶたが垂れ下がったり、肌がたるんだりしていると、老いて疲れているように見えますよね。

まぶた美容整形手術は、そのような過剰な肌を除去し、まぶた上のラインの一部またはかなりの部分を滑らかにすることで、あなたの顔を、十分に休息した後のような、若返えったような表情に変化させることが出来るのです。

加齢によって変形したまぶたの矯正手術

この手術は、目の周りに生じるの多くの美容的な欠点を修正するために使用されていました。最も一般的には、患者は、ハリがなくなって緩んだり、垂れ下がった肌や、それらによって生まれる上眼部の襞(ひだ)に対処する際に、外科医に助けを求めることになるのですが、時々、たわんだ皮膚によって出来る折り目は、実際には個人の視界を妨げるほど大きくなることがあります。

この手術方法では、目が腫れぼったく見える原因である皮膚下の脂肪沈着物を除去することもできます。時には、目の下のたるみが進行して、下のまぶたの上から大きく垂れ下がってしまうことがありますが、それも手術によってきれいに取り除くことが出来るのです。それから、下まぶたの細かいしわについては、こちらもまぶた整形手術でなめらかにすることができます。

眼瞼形成手術の優良な患者とは

健康で健全な顔の組織があり、希望する整形が、現実的な範囲であれば、眼瞼形成手術は、おそらく良い選択であると言えるでしょう。また、ほとんどの医師は、患者が非喫煙者であり、人生にプラスの見通しを持ち、深刻な目の病気をを有していないことが、目の美容整形を行う際の重要なポイントだと考えています。目の病気がある場合は、美容整形を検討する前に眼科の専門医に相談するようにしましょう。

回復プロセスへのアドバイス

眼瞼形成術後の回復プロセスは、痛みおよび炎症による腫れを抑制することから始まります。鎮痛剤については医師に相談し、手技の前に処方箋を出しておいてもらってください。そうすれば、手術前に薬剤を入手できるので、薬局で手続きすることなく、帰宅することができるからです。

手術後に避けるべきこと

手術後の目の周りの腫れは、非常に一般的であり、安静と患部を冷やすことでコントロールすることができます。主治医は、術後の回復期間に患部に塗るための軟膏を処方してくれるでしょう。

目の整形部分が癒えてしまう前に外に出なければならないときには、太陽からの直射日光を避けるために、サングラスを使用することは非常に重要です。患部に直接、太陽光を受けることで、余分な負担を傷に与えてしまい、せっかくの手術の成果を損ねてしまう可能性があるからです。

手術後の最初の1週間

手術後の最初の1週間は、読書、コンピュータの使用、テレビの視聴、コンタクトレンズの着用などの目に負担になるような活動や行為を避けてください。ほとんどの患者は眼瞼形成術を受けてから、およそ10日後には、それまでと同様の生活を再開することができます。

 

 - 目の美容整形 , ,