MACSフェイスリフト – 低侵襲性の顔面若返り手術

   

バッグのように垂れ下がった皮膚やひだ、顔に刻まれたシワなどに悩まされている場合は、フェイスリフト手術が、あなたにとって理想的な選択肢になるかもしれません。技術的にはしわ除去として知られているこの外科的処置は、顔面領域の組織および筋肉を引き締めたり緊張させたりすることによって外見上の老化の徴候を改善するのです。

 

MACSフェイスリフト

外見を若々しくしたいが、侵襲的な外科手術に伴う瘢痕化などの潜在的なリスクを恐れていますか?もう違います。あなたは今、手術の範囲が顔全体に及ぶような大手術をしなくてもあなたの顔を若返らせることができるのです。MACS(Minimal Access Cranial Suspension:最小アクセスによる頭部からの吊り下げ、マックスリフト)は、新しい顔面矯正技術であり、手術跡が、術後まもなくは、耳の前の短い瘢痕として残ります。従来より小さな切開部にも関わらず、顔の下半分に対するリストの効果も改善されています。

 

MACSフェイスリフト(マックスリフト)とは何ですか?

これは、いままでのフェイスリフト手術よりも侵襲性が低く、より小さな傷跡を残す新しいヨーロッパ由来のフェイスリフト技術です。MACSリフトは、より侵襲的な技術を使用して達成できる審美的結果を提供します。手術は従来より小さな切開によって行われます。このため、合併症やリスクの軽減、回復時間の短縮が期待できます。このミニフェイスリフト技術は、ベルギーの医師によって開発され、40代と50代前半の男性と女性に適しています。

 

マックスリフトの特徴とは?

MACSの外科手術では、外科医は、ヘアラインに沿って、耳の前で小さな切開を行い、不溶性の糸を用いて皮膚下の筋膜(SMAS、スマス)を引っ張り上げるように引き締めます。たるんだ組織は持ち上げられ、こめかみの深い強い構造にしっかりと固定されます。手術は、局所麻酔を持ちた場合、外来でMACSのフェイスリフトを行うことができます。標準的なフェイスリフトに必要な手術時間の4~5時間に対して、MACSリフトでは、完了までに約2時間です。

 

マックスリフトで何ができるの?

MACSのフェイスリフトは、主に首と顎の領域を若返らせます。顎のラインの底部と弛緩のあまり大きくないあごの垂れ肉は、この侵襲性を最小限にしたフェイスリフトでうまく矯正することができます。このMACSリフトでは、鼻と口の間に現れたシワや脂肪沈着も目立たなくすることができます。

 

マックスリフトで何ができないの?

MACSミニフェイスリフトは、目や額の周りからしわを取り除いたり、日光で傷んだ肌を治療することはできません。改善できるのは、主に鼻から唇のライン(鼻から口の角まで)に対しての限定された領域になります。

 

MACSフェイスリフトはどんな人に向いていますか?

マックスリフトは、頬や顔の中程から下がたるんでいる人にとって理想的な手術です。この顔面若返り手術は、おそらく40歳から60歳の患者に最も適しています。他の良い候補者は、大幅な体重減少の後、顔や首の肌が垂れ下がっていることに気づき始めた人です。

 

マックスリフトの利点は何ですか?

  • MACSのフェイスリフトは、従来のフェイスリフト技術ほど侵襲的ではなく、術後の顔面の腫れや傷みが少なくなります。
  • この手術では、フィルティングのための切開を短くするので、術後出血や循環障害の可能性を最小限に抑えることができます。
  • この手術は、従来のフェイスリフトと比較して、瘢痕化を最小限に抑えるために、より良好な結果をもたらすことができます。

MACSの顔面修正手術の他の利点は、まとめると、限定的な皮膚の剥離(筋肉から皮膚を持ち上げる)、短い手術時間、より速い回復時間、およびリスクおよび合併症の可能性が低いことです。

 

マックスリフトの考えられる副作用

MACSリフト患者は、特に目の周りに多少の内出血あるいはアザを経験することがあります。腫れは、手術後数ヶ月間、特に体液貯留の影響を受けやすい患者には、持続する可能性があります。感染、血腫、皮膚の変色および創傷治癒の遅延なども、MACSのフェイスリフト手術に伴う合併症です。

 

 

 

 - フェイスリフト , ,