美容外科での最も一般的な合併症

   

それぞれの美容手術における発生の可能性のある合弁症やその他のリスクについて、自分で調べておくことは大切なことです。医師任せにせず、積極的に自分が受ける美容外科手術について学習して知識を取り入れておけば、術後のリスクや変化に慌てずにきちんと対応することができるようになるでしょう。

血腫(けっしゅ)

血腫は、基本的には、大きな痛みを伴う挫傷(皮膚の表面は傷つかず、その下の組織が傷つくこと)に似た血液のポケットです。この副作用は最も一般的に1%~6%の豊胸手術で発生します。それはまた、フェイスリフト後に見られる最も一般的な合併症の1つです。血腫は、ほとんどすべてのタイプの手術のリスク要因の一つです。しかし、それは治療可能であり、また、血腫が発生した場合の血液を排出するための追加の手術が、元の手術とセットになっていることが普通です。

 

神経損傷

さまざまなタイプの美容整形外科の手術において、神経損傷の可能性があります。美容整形手術後、無感覚の発生とうずきは、非常に一般的であり、神経損傷の徴候の可能性を示唆します。また、大部分の女性は、豊胸手術後の感受性の変化を経験するのですが、その場合も、一部のケースについては、神経損傷に原因がある可能性があります。

 

感染症

ほとんどの手術では、感染リスクを軽減するための「術後のケア」が含まれています。にも関わらず、感染は、美容整形の最も一般的な合併症の1つになっています。院内感染の場合やかなり重篤な症例も散見されます。これらの場合、選択肢として、抗生物質の静脈内投与などがあります。

 

深部静脈血栓症および肺塞栓症

股関節の修正のための外科手術のために、深部静脈血栓症が起こることがあります。深部静脈血栓症(しんぶじょうみゃくけっせんしょう)は、深い部分にある(通常は脚の)静脈に血栓が形成される状態です。これらの血液の塊は、時折、壊れるなどして、ある程度大きいまま心臓を通り、肺に行くことがあります。血栓が肺に到達して、肺の動脈に詰まると、肺塞栓症(はいそくせんしょう)を引き起こします。肺塞栓症は、致命的です。これらの合併症は、まれにしか発生しませんが、発症した場合、患者は、そのほかの合弁症を発症するよりも、より大きなリスクを負うことになります。

 

瘢痕(はんこん)

どんな種類の手術でも瘢痕になります。瘢痕は、見た目を改善することを目指す美容整形手術の術後に、特に問題になります。あなたが宗教を信じるように誠心誠意に医者の助言に従うならば、これらの傷跡を治療することができるでしょう。

 

一般的な外観(手術結果)への不満

手術後の結果に対する不満は、新しくなった外観に納得できないからかもしれません。あるいは、もう少しなんとかなったのではないか?という思いからくるものかもしれません。特に、顔の整形手術において、結果が患者の期待通りでない場合、より大きなリスク要因になりえます。

 

器官損傷

脂肪吸引は、内部器官に外傷を引き起こす可能性がある美容外科手術の一つです。脂肪吸引の時に使用する外科用プローブ(探り針)が、内部器官と接触すると、それが穿刺または穿孔を引き起こす可能性があります。器官に傷が付いたり穴が開いたりした場合、修復のための追加の手術が必要になります。

 

麻酔合併症

麻酔の合併症は珍しくありません。特に、全身麻酔は、脳卒中、心臓発作または覚醒時の混乱、見当識障害(時間や季節、場所、人がわからなくなるなど)、振戦(しんせん:震え)などの合併症を引き起こすことがあります。他にも、吐き気、おう吐、頭痛、のどの痛み、声がかすれる、寒気や発熱、歯が抜ける、唇の傷や腫れ、のどの渇き、肺炎などが挙げられます。

 

セローマ(血清腫・漿液腫)

手術した部分やその周辺部の皮膚のすぐ下に血清や漿液(しょうえき)が溜まり、痛みと腫れが生じることがあり、セローマと呼ばれます。通常、大きな水疱のように見えます。どんな手術でも発生する可能性があります。腹部リフト手術においては、最も一般的な合併症です。

セローマは、放っておくと感染症を発症する可能性があります。それらを取り除くために、針を使用したり、量が多くて長引きそうな場合には、管を挿入することもあります。再発することもありますが、徐々に貯まる血清や漿液の量は減っていきます。なお、血清とは、血液が凝固した後に上澄みにできる淡黄色透明な液体成分のことで、凝固成分がほとんど含まれないのに対して、漿液とは、凝固成分が含まれる淡黄色透明な液体成分のことです。

 

失血

いずれの手術でも、失血が制御できなくなることが予想され、重度の失血は血圧の低下につながり、致命的となる可能性があります。これは手術中または手術後に発生する可能性があります。

 

 

 - 美容外科手術のリスク , , , , , , , , ,