美容整形外科での医療の進歩 ③

   

美容整形に導入された新しい技術

「美容整形手術における医療の進歩」の中で、最新のものを2つあげるとすれば、フィラー注射(ヒアルロン酸注射)とスレッドリフトでしょう。これらの新しい手術法は両方とも、美容手術に伴う注射や切開や感染症などのいわゆる侵襲的リスクを最小限に抑えるように設計されています。このように、美容整形手術は、より短時間で処置が終了するように、また、患者の身体への負担がより少なくなるようなオプションを提供できるように進歩しているのです。

ヒアルロン酸注射

ヒアルロン酸注射(フィラー注射)は、美容整形業界において、フェイスリフトおよびボトックスと競合すべく導入された新しい手術法です。これは、皮膚に注入される化学的「充填剤(フィラー)」であり、その結果、しわを大幅に減少させることが可能となります。皮膚下に注入される液体は、完全に人工的に合成された物質で、生物由来の有機的な製品ではありません。

ヒアルロン酸注射は、部位にもよりますが、一般的に約15〜20分で完了します。たいへん迅速な手術方法で、患者は、入院の必要はなく、術後は自由に家に帰ることができます。ボトックスのように、麻痺にかかったような顔や身体の麻痺などはありませんので、患者は顔の筋肉を自由に動かすことが可能です。そのため、ヒアルロン酸注射は、表情を維持しながらしわを減らすことができるのです。

スレッドリフト

スレッドリフト(カンタースレッドリフト)は、その施術の対象はフェイスリフトを選択する患者と重なりますが、その手法は、美容整形業界としては、まったく新しい手術方法です。レッドリフトは、より自然でリラックスした容貌を維持できるようにします。スレッドリフトは、実際には、様々な医療手術で使用されてきた手術方法なのですが、美容整形業界においては、近年利用可能になった手法なのです。

美容整形で使用されるスレッドリフトの糸(スレッド)は、透明で柔らかいポリプロピレンなどで作られています。それによって、これまでの医療手術で残ったような、やや暗く影のようなステッチ跡をなくすことができるようになりました。適正に手術がなされれば、スレッドリフトは、しわがなく、老けた感じがしない、若者のような柔らかい顔に変化させることも可能になります。

これら2つの “美容整形手術における医学の進歩”は、化粧品業界でかなりにエキサイティングな話題となっています。このような飛躍を目の当たりにすると、午後にアンチエイジングの手術をして、次の日に日常生活に復帰する、などということも、そんなに遠いことではないように思われますね。

美容整形技術の継続的な進歩

美容整形技術の目指すところ

美容整形業界は引き続きその分野で著しい進歩を遂げています。身体への最小の負担に対して最大の結果を生み出すべく、より低リスクな、より簡便な美容整形方法を追求し続ける業界の努力により、患者は、日常生活へできるだけ早く、手術の影響を最小にして復帰できるようになってきています。もちろん、合併症や副作用などのいわゆる侵襲性のリスクが低くなればなるほど、その手術方法は、より人気が高くなります。

美容整形産業は、患者に最も近い人だけが整形したことに気付くというくらいな、できるだけ自然な施術結果を作り出そうと努力しています。美容整形外科医や研究者は、もちろん、美容整形産業の本来の役割も忘れてはいません。先天異常や偶発的な奇形を修正・改善するための先進的な試みにも継続的に挑戦しています。

新しい美容外科技術への患者の向き合い方

私たちは、エキサイティングな時代に生きています。私たちは美容整形業界の革新的な革命期に急速に近づいていると言えます。してしまった美容整形に心を揺らしていても、自分自身に知らせておくことが重要です。つまりそれは、時には、美容外科手術に臨む前のわずか2〜3ヶ月間だけ待つことで、新製品が検査を終えて市場に出るのに十分な時間を与えることができると言うことなのです。業界の「医学の進歩」の度に、各手技は侵襲性が低くなり、術後の回復が容易になります。

すぐにあなたに利益をもたらすかもしれない、今後の進歩と新しい手術方法を自分自身に知らせてください。化粧品業界の最新ニュースや出来事に触れるようにしてください。そこでは、ほぼすべての利用可能な手術方法、さらには、もうすぐ可能になる美容整形の新技術について学ぶことができます。インフォームドクライアントというのは、真に整形手術に直面し、合理的だが良い期待を持っている患者のことです。科学の奇跡はこれからの進歩の創造を止めることは決してなく、人々はそれらの利用を望むことを決して止めたりしません。科学の進歩を知るときに、最後の一人なんかになってはいけません。そうならないために、定期的に美容業界の情報に触れておくことが重要です。

 

 - 歴史 , , ,